TEAM MINT | マジックザギャザリング(MTG)の通販&買取

▼MTG骨董市

▼破滅の刻
▼アモンケット
▼モダンマスターズ2017
▼霊気紛争
▼カラデシュ
▼コンスピラシー:王位争奪
▼異界月
▼エターナルマスターズ
▼イニストラードを覆う影
▼ゲートウォッチの誓い
▼戦乱のゼンディカー
▼マジック・オリジン
▼モダンマスターズ2015
▼タルキール龍紀伝
▼運命再編
▼タルキール覇王譚
▼基本セット2015
▼ニクスへの旅
▼神々の軍勢
▼テーロス
▼コンスピラシー
▼From the Vault
  • Twenty
  • Relics
  • ▼基本セット2014
    ▼統率者2014
    ▼統率者2013
    ▼モダンマスターズ
    ▼ドラゴンの迷路
    ▼ギルド門侵犯
    ▼ラヴニカへの回帰
    ▼基本セット2013
    ▼基本セット2012
    ▼基本セット2011
    ▼基本セット2010
    ▼第10版
    ▼第9版
    ▼アヴァシンの帰還
    ▼闇の隆盛
    ▼イニストラード
    ▼ミラディンの傷跡ブロック
    ▼ゼンディカーブロック
    ▼アラーラブロック
    ▼シャドウムーアブロック
    ▼ローウィンブロック
    ▼コールドスナップ
    ▼時のらせんブロック
    ▼ラヴニカブロック
    ▼神河ブロック
    ▼ミラディンブロック
    ▼オンスロートブロック
    ▼オデッセイブロック
    ▼インベイジョンブロック
    ▼マスクスブロック
    ▼ウルザブロック
    ▼テンペストブロック
    ▼ミラージュブロック
    ▼アイスエイジブロック
    ▼オールドエキスパンション
    ▼デュエルデッキ
    ▼プロモカード
    ▼オススメFoil
    ▼他言語カード
    MTGパック&ボックス
    BOX
    パック
    その他
    MTGサプライ
    スリーブ
    デッキボックス
    アルバム
    プレイマット
    その他
    ☆予約受付中サプライ商品☆
    TCGサプライ(Ultra PRO)
    カードスリーブ
    デッキボックス・カードケース
    アルバム
    プレイマット
    プラチナページ
    その他
    TCGサプライ(その他メーカー) MTGアイテム
    MTG 記念アイテム
    FUNKO MTGフィギュア
    TEAM MINT スペシャルアイテム
    書籍

    カートの中身

    カートの中に商品はありません

    カートの中身を見る

    モバイル

    MINT-WEB
    ウルトラプロ

    TEAM MINT 独占先行プレビュー
    『マジック:ザ・ギャザリング ― 破滅の刻』!!

    「破滅の刻」発売が待ち遠しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
    地球次元のプレインズウォーカー達が期待するボーラス様の再登場までもう少し。
    プレビューウィーク中、ワクワクが止まらない人も多いことでしょう。

    さて、今回は久しぶりにTEAM MINTから新カードのプレビューをお届けです!
    王神の前座を務めてもらうカードはこちら!



    <アムムトの永遠衆>

    不気味な見た目のクリーチャーですね。
    アモンケットの都市の中に居そうな、ピカピカしたやつを身にまとったスタイルです。
    しかし、こいつは都市型の白いミイラではなくて真っ黒のゾンビ。世界の荒廃が伺えます。
    なにやらアモンケット世界も大変なことになっていそうですね……

    ストーリー的な背景も気になりますが、カードの情報を確認していきましょう。

    マナ・コストは2黒、パワー/タフネスは5/5。

    なんとたったの3マナで5/5!でかい!
    4回攻撃しただけでプレイヤーのライフがゼロになるのは驚異のサイズ。
    タフネスもバッチリ5点なので、戦闘では相当頼りになります。
    中盤までなら、戦闘ダメージだけで一方的に落とされる心配はいらないかも。
    相手が接死でも持っていない限り何らかの呪文を使わせる事になり、<アムムトの永遠衆>1枚で対戦相手のカードを2枚以上持っていけそうです。

    落ち着いて考えてみましょう。
    3マナ5/5というハイスペックが、なんのデメリットもなく使えるわけありませんよね。
    「アモンケット」には同じ3マナ5/5が2種類いますが、どちらも神話レア。というか神でした。
    《周到の神、ケフネト》《不屈の神、ロナス》の2柱。
    どちらも非常に強力な能力を持っていますが、戦闘に参加するには少し制限があります。



    <アムムトの永遠衆>も、パワー/タフネスの数字では神に及ぶほどの強力なスペック。
    もちろん何らかのデメリットが付いていることが予想されます。

    では、ただのレアであるゾンビ・クロコダイル・デーモンはどんな能力なのでしょうか。
    まずは1つ目の能力を確認しましょう。


    ・加虐3
    ブロックされたら!加虐の点数分だけ!相手のライフが減る!

    なんだか無茶苦茶な能力から入りました。
    ま、まぁ、頭からデメリット書かれてもがっかりしますよね。
    まだ油断できません。

    まずはこの「加虐」について考えてみましょう。
    戦闘で強すぎる相手はブロックせず、ライフを献上して反撃する形になるのがセオリー。
    ですが、ダメージが5点ともなると、そう何度も受けていられません。
    そんな時は、重要じゃないクリーチャーをブロックに差し出して難を逃れます。
    所謂チャンプブロックというやつですが、<アムムトの永遠衆>はそれを許しません。

    テキストの先頭に輝く「加虐3」によって、ブロックされた段階で相手プレイヤーからライフを3点奪い取ります。
    小さいクリーチャーを盾にされても「トランプル」なら相手のライフに届きますが
    高タフネスのクリーチャーが相手になると上手くいきませんでした。
    しかし、<アムムトの永遠衆>が持つ「加虐」ならそれも乗り越えることができます。
    ブロックしなかったら5点、ブロックしても3点。恐ろしい攻撃性を感じます。

    すでに「破滅の刻のメカニズム」で紹介されている「加虐」ですが、
    記事に登場した<ケンラの永遠衆>が持つのは「加虐1」でした。



    失うライフが1点だったら壁で防いでちょっと我慢でよさそうですが、<アムムトの永遠衆>は3点。
    放っておいたらゲームセットに追い込まれる点数なので、どうにか対処しなくてはなりません。
    何らかの対処を要求する能力はゲームを優位に進めるきっかけになります。
    皆さんも<アムムトの永遠衆>で相手を追い詰めましょう!

    公開済みの情報では、たった1マナで片付けられてしまう<リリアナの敗北>が心配です。



    せっかくの<アムムトの永遠衆>をわずか1マナで退場させる呪文がすでに公開されています。
    トーナメントに出る時は、<リリアナの敗北>の使われ具合を確認した方がいいかもしれません。
    ところで、<リリアナの敗北>もストーリー面が気になりますね!
    ゲートウォッチではボーラス様に勝てないのでは…?多元宇宙の平和はどうなってしまうのか…

    アクセル全開の能力に興奮してきましたが、そろそろデメリットがあるに違いありません。
    脱線しすぎる前に、次の能力をチェックしましょう。


    ・対戦相手が呪文を1つ唱えるたび、アムムトの永遠衆の上に-1/-1カウンターを1個置く。

    はぁ、そうだよね……、やっぱりデメリットあるよね……
    なんて落ち込む程でもない、ゆるーいデメリットでした。

    -1/-1カウンターによって段々とサイズを下げられてしまいますが、
    呪文1つにつき1個しか乗らないなら時間はあります。
    <アムムトの永遠衆>は3マナ。重いカードではありません。
    早いターンから戦場に出て相手に飛びかかれば、当然対戦相手も多くのマナを使うことはできません。
    となると、自然と唱える呪文の数も少ないわけです。
    小さくなるのに時間がかかれば、そこそこのダメージを与えてくれそうです。
    後半戦の登場だとしても、相手の手札がどれだけ残っているでしょうか。
    -1/-1カウンターを5個も乗せるほど余裕があるとは思えません。

    -1/-1カウンターが積まれていくのを我慢して眺めていてもある程度活躍してくれそうですが、
    せっかくなのでもうちょっと手をかけてあげましょう。

    一番簡単なのは《療治の侍臣》でしょうか。



    -1/-1カウンターが1個乗るところを1個少なくしたら0個。
    単純にデメリットが無くなるのだから、強いのは当然ですよね。

    少し欲張って、もうちょっと面白くできないか考えてみましょう。

    《潰滅甲虫》のように、-1/-1カウンターを相手に押し付けるのはわかりやすいですね。



    「アモンケット」の黒緑には、他にもコンセプトが合うカードが多数あります。
    中でも、《毒物の侍臣、ハパチラ》は<アムムトの永遠衆>をお供にするのに最適!



    相手が呪文を唱えると、<アムムトの永遠衆>に-1-/-1カウンターが乗ります。
    すると、《毒物の侍臣、ハパチラ》の能力によって1/1で接死を持つ蛇が発生!



    同様の能力を持つ《スカラベの巣》もあったら、何かされる度にトークンが増えていきます。
    蛇と虫なのでビジュアル面に不安が残りますが、フレーバー的には高得点。
    ゲームを進めるための視点で見れば、パーマネントが増えるのは良い事です。

    いざとなったら《ハパチラの刻印》で-1/-1を無かった事にしましょう!



    <リリアナの敗北>のような単発の除去呪文に対しても有効です。
    不安が少し減りましたね。

    単純に使って強い、手を尽くせばめちゃくちゃ強い!
    とても期待できるカードだという確信が強くなりました。

    さて、ここまで見てきたカードのテキスト欄にはまだ残りがあります。
    とんでもないデメリットかフレイバーテキストか、ちょっと怖いけど見てましょう!


    ・アムムトの永遠衆がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、これの上から-1/-1カウンターをすべて取り除く。

    まさかの救済!
    -1/-1カウンターが手に余るようなケースでも、攻撃が通ってしまえばそれで解決です!
    単純に強い、手を尽くして強い、弱っても回復できる!
    サポートするカードが手元に来なくても、自力で何とかできるのは心強いですね!

    マジックの歴史を振り返っても、3マナとしては破格の性能ではないでしょうか。
    ゾンビというクリーチャー・タイプも非常に強く、他のゾンビとの連携が期待できます。
    現在活躍中のゾンビデッキに採用される事もありそうですね。

    <アムムトの永遠衆>もさることながら、他のカードも気になります!
    永遠"衆"っていうくらいだし、きっと「加虐」を持ったゾンビがいっぱいいることでしょう。
    「破滅の刻」が発売されたら、永遠衆を集めてデッキを作ってみるといいかもしれません。
    また、-1/-1カウンターを操る能力なだけに、「アモンケット」とのカードの相性は要注目。
    まだまだ見落としているカードがあるかもしれません。もう一度「アモンケット」もチェックしてみませんか?

    ちょっと見てみただけでこんなに試してみたくなるカードも久しぶりです。
    ますます発売が待ち遠しくなる「破滅の刻」。
    みなさんもプレリリース、発売日と遊んでいただいて、気になるカードを探してみてください。
    そして、見つけたカードを使って楽しんでくれると嬉しいです。
    商品のご購入はTEAM MINTのWEB STORE、ならびにお近くのMINTを、
    プレリリースなどのイベント参加やゲームのプレイにはぜひ店頭のスペースをご利用ください!

    ではまた、次回のプレビューか、テーブルを挟んでお会いしましょう!

    text by Takehiko Matsumura (MINT Urawa Store)





    大人のためのデュエルスペースを搭載!
    TEAM MINTの拠点、MINT SHIBUYAへご来店下さい!


    お飲物とカードを分ける2段構造のMINTオリジナルデュエルテーブルが魅力!


    LED付テーブルでfoilカードを
    場に出すと光り輝きます!

    昼間は明るいカフェスペース
    夜は大人のプレイヤーたちの隠れ家!